はじめに
芸術愛好家の皆様、ようこそお越し下さいました。ごゆっくりどうぞ。
♪オープニング
♪をクリックすると曲が流れます。
 尚、本サイトの画像は、自作もしくはPublic Domain(下記の青字リンク先をご参照下さい)になった過去の巨匠の作品の画像を使用。WikiPediaからお借りしています。各記事の画像をクリックすると拡大表示されます。
     ・・・過去の偉大な巨匠たち、先人たちに敬意を表して・・・
                                     
♪感傷的な主題と展開
作曲:村田雅和
をクリックすると曲が流れます。

2012年10月27日

本拠地完成

サボリまくっていたブログですが(汗)、お知らせです。
放置されていた旧ホームページを廃止し、新ホームページが完成しました。


古典絵画を研究しています。

その名は


『憂愁庵』


公募展デビューまで、まだまだ修行中ですが宜しくお願い致します。

三嶋哲也先生をはじめ、いろいろと勉強させていただいています
posted by 雅 at 19:11| Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

自画像

物凄く久しぶりの更新です(汗)。
別に病気していた、海外出張に行っていた・・・というわけではありません。
単に更新をサボタージュしていただけです(正直)。
CIMG0754.JPG画家になる道を断念して、10年くらいのブランクを経て、油彩画を再開しましたが、絵は習ったことがないので、古吉弘先生のDVD、俵屋工房様の『ルーベンスの技法』DVDを見て、古典絵画の勉強をしています。いずれも高価な教材ですが、私のように地方暮らしで深夜勤務ありの不規則勤務で、古典絵画を画塾で学ぶだけの時間と費用が無い方にお薦めします。古典を教えてくれる先生があまり多くはいらっしゃらないのも事実ですが・・・。


自画像です。クリックすると拡大されます。
何もわからず、ここまで辿り着くのに2ヶ月近くかかりました。
白はパーマネントでもチタニウムでもなく、伝統的なシルバーホワイト、溶剤は乾性油(リンシードオイル、スタンドリンシードオイル)、揮発性油(ターペンタイン)、樹脂(ストラスブルグターペンタインバルサム)、滑り止めにルツーセを配合したものを使用しています。

キャンバスは油性キャンバス。半吸収性のものを用いた方が、影の部分の後退性がもっと深く表現できたかもしれません。


posted by 雅 at 23:42| 絵画制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

短歌











黄泉の華 入陽差したる夢鏡 然れど意は 永遠の礎

 

よみのはな いりひさしたるゆめかがみ されどこころは とわのいしずえ

              

              村田雅和

 


あなたの生き様が善く刻まれることをお祈り致します。


posted by 雅 at 02:16| 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

和歌











うつしよの虚しき夢の花束よ夜半の月に濡れしわがふみ

 

 

                                村田雅和


posted by 雅 at 08:52| 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短歌

永夢を虹の眼に見ゆ空蝉の花の散るやうけふは悲しき

                   村田雅和
posted by 雅 at 00:51| 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

世界文藝社から

 先日、私の絵の画像を見たという担当の方からメールが入っていました。株式会社世界文藝社からでした(驚)。「私なんかでいいの?」と思いながらリンク先をクリックしたら、見たことがある出版物が数件。ちなみに、私には美大在学歴もなければ師もいない。公募出品の経験無し。
  
 冗談だろうと思いつつ、「私は新人作家でもない全くの素人で、苦手な人物画に関して良い技法書でもあれば」、と返信したら、「出展はアマチュアが多く、プロの方は少ないのでご安心ください」とあり、案内パンフレットをpdfで送ってきました。新人発掘も兼ねているのかもしれません。

 只今、過去の出品作品を載せた書籍を物策中。出品できるような作品は手元に無いので応募は検討中。15年くらい前に画家への道を断念してから、一度も公募のことは考えたこともなかったので、これからは考えてみたい。ともかく、制作しないと作品が無い。読書三昧で制作から暫く完全に遠のいていたので・・・

 只今、深夜勤務期間の中休み。連絡は後日にするつもり。
posted by 雅 at 22:13| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

記念碑

我が棺に涙降る、失われし日々の思い出よ・・・
あらゆる喜び、悲しみを、内に隠して今日も待つ
ささやかな石碑に眠る魂の墓場
今宵あなたは出会うだろう

月の光の導きに、あなたは忍ぶわが夢に
そこに眠るわが遺書は、あらゆる思いの折り畳み
ささやかな言の散りゆくは
月夜に煌めく葉の如く

秘めたる我が魂は、あなたゆえに蘇る・・・
わかるかね、漆黒の空の下、あなたは私の夢の中
再び誰かによって伝えられんことを

私からあなたへ、あなたから他の誰かへ・・・
そして、あなたの思いは飛翔する
嘗て私が夢見た大空へと
posted by 雅 at 21:14| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

夢の研究

 一年以上探し続けていた白鳥友彦氏の詩集『夢の研究』(森開社)をようやく手にしました。日本では珍しい(三方折込)仏蘭西装の薄い書籍です。経年による傷みは否めないものの、不思議な雰囲気が書物全体から漂っています。フランス人は、化粧裁ちされていない綴じられただけの仏蘭西装の状態の書籍を購入し、後に製本を専門家に依頼するのですが、日本ではそのような習慣はないので、仏蘭西装の書籍は東京の神保町以外では見ないと思います。

 図書館でティボーデによる『マラルメ論』を発見。書くという行為、物体としての書籍に関心のある私としては、ノディエ、マラルメは実に興味深い作家です。

 後日、白鳥氏が著した森開社の刊行目録が届く。白鳥氏の詩と山中富美子の『在りし日』が掲載。森開社40周年記念展には行けなかったが、ささやかな感動がここにある。

 まだ片付けが済んでいない(深夜勤務を挟むとはいえ、遅過ぎ)自分の部屋のレイアウトを何とかせねば。芸術愛好家の私としては不本意でありますが、便利で安価な事務机の購入を検討中。
森開社の装幀を眺めているうちに、益々、自分の詩をPCやWeb上でのテクストではなく、物体としての書物として残したくなってくる今日この頃・・・。
posted by 雅 at 21:56| 書物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

書物、絵画

 ここ1ヶ月、休みの日は引越作業にかかりきで、更新は止まったままでした。改装作業から始まってずいぶん疲れた・・・。作業の合間に猫の動画(大の猫好き、特にマンチカンが大好き)を見て(「ぬこ」というのが流行っているのには笑った)、宇徳敬子さんの曲をよく聴いていました。クラシック好きのイメージの強い(特にショパン、メンデルスゾーンが好き)私のイメージとしては、宇徳さんとは意外な趣味だと思われるかもしれませんね。とても可愛らしい方です。

 1年以上探していた、尊敬する詩人、白鳥友彦氏の『夢の研究』を見つけて、ようやく注文。森開社の本は、常に限定出版なので、新刊書以外はなかなか見つからないし、見つかっても非常に高値になっていて手が出ないのですが、嬉しいことに定価で購入が可能だということ。白鳥氏は、森開社のフランス詩の翻訳詩集を読んでからずっと憧れの詩人でした。森開社は私の数少ないお気に入りの出版社です。造本も実に素晴らしい。森開社が中心になって再発見した、忘れられた天才詩人、山中富美子の全詩集が出る日もそう遠くは無いと思われます。詩がなかなか書けない私(別にサボタージュしているわけではありません)には、方法論の確立が必要であると思っていたのですが、白鳥氏の作品で何か得られるものがあると思います。『夢』の記述は私のテーマの一つです。

私の詩については、こちらでまとめて読むことができます。

書物雑感

 狭かったアパート暮らしから解放され、これで油絵も描ける。まだダンボールの整理が残っているので少し先になりますが・・・。記念として、夕暮れの小路を描いた自作の油絵を額入れしたいのですが、お金が無いので、少し待とう。
 
 LinuxマシンをFedora10から12に更新。最初は動作が非常に軽快なだけで、できることが少なかったのですが、次第にWindowsに匹敵するマシンになってきました。今では普通にmp3や動画も視聴できます。職場では時々、Microsoft Officeを使うので、LinuxでOfficeを使用する方法を探しています。Wineにインストールしてみたのですが、Wordは使えるが、Excelはバグが出てそのまま動きません。LinuxでOfficeを使っている方もみえるので、私の設定が間違っているのだと思います。

私の作曲した春らしい曲はいかがでしょうか




posted by 雅 at 21:55| 書物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

私のホームページ

まだまだ洗練されてはいませんが、Googleのサービス(無料)を使って、ホームページを試行的に製作してみました。かかった時間は数時間程度。無料でこんなに簡単に作れてしまうと、Web製作ソフトは売れなくなると思いますがいかがなものでしょうか。

雅の書物雑感

無料でいくつでもサイトを作れるので、カテゴリー別に整理していこうと思います。
posted by 雅 at 20:46| Webサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。