はじめに
芸術愛好家の皆様、ようこそお越し下さいました。ごゆっくりどうぞ。
♪オープニング
♪をクリックすると曲が流れます。
 尚、本サイトの画像は、自作もしくはPublic Domain(下記の青字リンク先をご参照下さい)になった過去の巨匠の作品の画像を使用。WikiPediaからお借りしています。各記事の画像をクリックすると拡大表示されます。
     ・・・過去の偉大な巨匠たち、先人たちに敬意を表して・・・
                                     
♪感傷的な主題と展開
作曲:村田雅和
をクリックすると曲が流れます。

2009年06月16日

想い月

蒼く染まる花乙女
若き日々の夢に揺れる
時の川面に浮かぶ舟
あなたに想いを映すのは
帰らぬ日々の滴ゆえ

嘗て歩いた天の川
今宵あなたが歩むのか?
時の川面の羅針盤
私が星になっなら
あなたの行く手を照らしましょう

甘き夜霧に漂うは
嘗て生きた死者の声
今宵優しく見つめるは
時の行く手を示すため
生きるが一夜の夢ならば
遠い星に祈りましょう

今宵たゆたう鏡月
過去を明日をも語る人
甘き夜風に誘われて
しばし全て忘れましょう
生きるが故の苦しみも
死ぬが故の悲しみも

この身映す水鏡
金に染めるは夢花火
蒼き夜風に漂うは
あなたの奏でる愁夜曲

甘くささやく夜霧から
今宵漂う死者の声
金に染める鏡月
幾つの夢を照らしたの?
生きるが一夜の夢ならば
あなたのために祈りましょう
その身細めて泣く月よ
あなたのために祈りましょう


詩:村田雅和
posted by 雅 at 06:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

サン・ラザール駅

 
739px-Claude_Monet_004.jpg


 印象派の巨匠、クロード・モネ(仏:1840ー1926)は、若い頃には「近代化」に対する関心が高く、近代化の象徴の一つとしてよく列車をモチーフに描いています。
中でもサン・ラザール駅はお気に入りの画題で、駅に許可をもらって画架を立てて、何度も繰り返し、制作を続けました。画題を求めて旅を続けたゆえに、鉄道に対する関心が非常に強かったのかもしれません。一般に思われているイメージとは違い、若い頃から弁護士や医者並みの収入があったようで、彼の若かりし頃の貧困の原因は寧ろ芸術家によくありがちな浪費癖によるものであることがわかっています。
 モネも40歳位を超えた頃には非常に有名な画家となり、経済的に大成功して、有名な睡蓮の庭園を造りました。また、当時としては珍しい自家用車で、スペインまでベラスケスの絵を観にいったようです。食通でもあり、また日本の版画は勿論、関心のある他の画架や彫刻家の作品を購入して、詩人のマラルメ、政治家のクレマンソーをはじめ、さまざまな著名人達が彼のもとを訪れました。
 彼の一つのものを時間、天候のさまざまな状態において何枚も描くという姿勢は、彼が大成功を成した「積み藁」や「ポプラ」の連作、「ルーアン大聖堂」、そして晩年の有名な「睡蓮」の連作に繋がっていきます。

絵はクリックすれば拡大されます。私の作曲した「列車の旅」を聴きながらどうぞ。



曲:村田雅和:「列車の旅」
絵:クロード・モネ:「サン・ラザール駅」(1877年)
posted by 雅 at 00:45| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。