はじめに
芸術愛好家の皆様、ようこそお越し下さいました。ごゆっくりどうぞ。
♪オープニング
♪をクリックすると曲が流れます。
 尚、本サイトの画像は、自作もしくはPublic Domain(下記の青字リンク先をご参照下さい)になった過去の巨匠の作品の画像を使用。WikiPediaからお借りしています。各記事の画像をクリックすると拡大表示されます。
     ・・・過去の偉大な巨匠たち、先人たちに敬意を表して・・・
                                     
♪感傷的な主題と展開
作曲:村田雅和
をクリックすると曲が流れます。

2010年04月26日

夢の研究

 一年以上探し続けていた白鳥友彦氏の詩集『夢の研究』(森開社)をようやく手にしました。日本では珍しい(三方折込)仏蘭西装の薄い書籍です。経年による傷みは否めないものの、不思議な雰囲気が書物全体から漂っています。フランス人は、化粧裁ちされていない綴じられただけの仏蘭西装の状態の書籍を購入し、後に製本を専門家に依頼するのですが、日本ではそのような習慣はないので、仏蘭西装の書籍は東京の神保町以外では見ないと思います。

 図書館でティボーデによる『マラルメ論』を発見。書くという行為、物体としての書籍に関心のある私としては、ノディエ、マラルメは実に興味深い作家です。

 後日、白鳥氏が著した森開社の刊行目録が届く。白鳥氏の詩と山中富美子の『在りし日』が掲載。森開社40周年記念展には行けなかったが、ささやかな感動がここにある。

 まだ片付けが済んでいない(深夜勤務を挟むとはいえ、遅過ぎ)自分の部屋のレイアウトを何とかせねば。芸術愛好家の私としては不本意でありますが、便利で安価な事務机の購入を検討中。
森開社の装幀を眺めているうちに、益々、自分の詩をPCやWeb上でのテクストではなく、物体としての書物として残したくなってくる今日この頃・・・。
【関連する記事】
posted by 雅 at 21:56| 書物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。