はじめに
芸術愛好家の皆様、ようこそお越し下さいました。ごゆっくりどうぞ。
♪オープニング
♪をクリックすると曲が流れます。
 尚、本サイトの画像は、自作もしくはPublic Domain(下記の青字リンク先をご参照下さい)になった過去の巨匠の作品の画像を使用。WikiPediaからお借りしています。各記事の画像をクリックすると拡大表示されます。
     ・・・過去の偉大な巨匠たち、先人たちに敬意を表して・・・
                                     
♪感傷的な主題と展開
作曲:村田雅和
をクリックすると曲が流れます。

2012年01月16日

自画像

物凄く久しぶりの更新です(汗)。
別に病気していた、海外出張に行っていた・・・というわけではありません。
単に更新をサボタージュしていただけです(正直)。
CIMG0754.JPG画家になる道を断念して、10年くらいのブランクを経て、油彩画を再開しましたが、絵は習ったことがないので、古吉弘先生のDVD、俵屋工房様の『ルーベンスの技法』DVDを見て、古典絵画の勉強をしています。いずれも高価な教材ですが、私のように地方暮らしで深夜勤務ありの不規則勤務で、古典絵画を画塾で学ぶだけの時間と費用が無い方にお薦めします。古典を教えてくれる先生があまり多くはいらっしゃらないのも事実ですが・・・。


自画像です。クリックすると拡大されます。
何もわからず、ここまで辿り着くのに2ヶ月近くかかりました。
白はパーマネントでもチタニウムでもなく、伝統的なシルバーホワイト、溶剤は乾性油(リンシードオイル、スタンドリンシードオイル)、揮発性油(ターペンタイン)、樹脂(ストラスブルグターペンタインバルサム)、滑り止めにルツーセを配合したものを使用しています。

キャンバスは油性キャンバス。半吸収性のものを用いた方が、影の部分の後退性がもっと深く表現できたかもしれません。


【関連する記事】
posted by 雅 at 23:42| 絵画制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。